スタンドフラワー【人気の専門店】


>> 芸能人も利用するスタンド専門店 <<

マナーや贈り方

2016年10月11日 09時04分

スタンド花を贈るときはマナーにも気をつける必要があります。例えば開業祝いのマナーとして、花や観葉植物を贈ることが一般的です。 フラワーギフトがどうして喜ばれるかと言えば、見た目が豪華で目立つことと、花を飾ることで気分が高まるという理由からです。例えば、食べ物や飲み物だと先方の嗜好に合わなかったり、気を遣わせてしまったりする場合があります。相手に届いてから、扱いに困らせることなく満足してもらうには、花のギフトが最も無難な贈り物だと思います。 具体的な例として、相場に見合った値段として、最低1万円以上、出来れば2万円がおすすめの予算です。先方との取引関係の大小で予算の組み方も変わると考えると、重要な相手なら3万円が 贈答花には【立札】というものが、『のし』代わりとして花に添えられるようにするのが基本となります。書式や祝字は、贈るシーンによって決定されますが、わからないときは「祝」としておくのがおすすめです。 お祝いスタンド花などの届け日については、当日中に届くようにすることが良いとされています。早めに予約しておけば配達日と時間帯の希望をきいてくれますが、至急で贈りたいときは当日発送に対応した花屋がとても役立ちます。 どこの花屋でも15000円で豪華にならないと多くの人が思っているスタンドフラワーですが、業界で最安値の1万円で注文が可能です。配達可能エリアは東京の23区内と大阪市内で即日配達も受け付けています。スタンド1段花であれば他県へ宅配便による配送 高級なお祝いギフトとして喜ばれる胡蝶蘭ですが、扱っている花屋によっては高すぎることがあります。ところが、同じ花なのに半額近い1万円で申し込める通販があり、簡単に手配できます。 スタンド花と胡蝶蘭、またはアレンジメントでどれにしようか悩んだときは、相手の職種形態で決めると喜ばれます。贈答花をどれにするか選ぶとき、贈り先がお店なら周りへの宣伝になるようにスタンド花が喜ばれます。 ビジネスパートナーの企業に贈る祝花を手配する上で間違いないのが、室内でも育てられて花言葉に『幸福』が付いている、胡蝶蘭が最適です。販売価格によって花の色や大きさ、本数の仕立ては変わってきますが、安い通販の花屋を利用すれば、約半額近い値段で利用することができます。

関連ページ


>> 芸能人も利用するスタンド専門店 <<