スタンドフラワー【人気の専門店】


>> 芸能人も利用するスタンド専門店 <<

高級スタンド花を最安値の1万円で当日配達

大阪市、福岡市、東京23区に1万円でスタンドフラワーを即日配送しています。

ネットからカード決済でお昼までに申し込めば、当日中にお届けの業界最速のスピード対応。
安くて豪華なお祝いスタンドフラワーが注文できる最安値の花屋として高い評判を頂いています。

「スタンド花を贈りたいけど値段が高いし・・・」と思われている方は一度当サービスをご利用下さい!
大きさと見栄えの良いスタンドフラワーが、全国へ最安値の1万円で贈ることが出来ます。

stand-hana1.jpg

お店(コンビニやスーパーなど)が新規オープンするときの開店祝いとして喜ばれているスタンドフラワー。
大きくて華やかな花が店頭に飾られることで周囲へのアピールや宣伝の役割も担ってくれます。
お店のオープンを宣伝し、華やかにお祝いする花として感謝される贈り物です。

注文の仕方は、ネット申し込みで約5分で終わります。
ページにはスタンド花のサンプル画像50種類以上あるので、価格と種類、予算を比較しながら購入できます。

届け日の直前になってオーダーしても受け付けてくれるので便利でおすすめです。
花キューピットや普通の花屋では間に合わない注文でも迅速丁寧に対応しています。

画像をクリックして商品一覧を御覧になってください。
 

【詳細はこちら】

見た目に豪華なスタンドフラワーを選ぶ人が多いのは理由があります。

花の持つ瑞々しさやフレッシュ感や大きさのインパクトが、相手に良い印象を与えること、そして相手の想像を超えたプレゼントが贈れたという達成感があるのも選ばれている理由です。

スタンド花を贈るメリットとしては、思った以上にお祝いの気持ちが相手に届くことです。
少ない費用でも最大の効果をもたらしてくれるのがスタンドフラワーの祝花です。
 

スタンドフラワーの種類と相場

デザインの良いスタンドフラワーを贈りたいですよね。花の仕上がりに関しては、制作する花屋によって大きな違いが出てきます。

届け先が異なれば担当する花屋も変わりますので届く花のデザインも異なってしまいます。
安くてデザインの良い花を贈りたいときは、ここで紹介するスタンド花を唯一宅配対応している花屋を利用するのがおすすめです。
 

花の組み合わせや色の配色などはセンスの良し悪しなので、相手に喜ばれるおしゃれな花を届けたいときは、センスの良い花屋を見つけるのが喜ばれるスタンド花を贈るための重要なポイントです。

自分のイメージした通りの花が贈れるかどうかは、サンプル花の画像を見て理想に近いものをオーダーするということが必要です。

スタンドフラワーの相場は1万5千円(税別)からとなります。この金額は大体どこの花屋も同じです。
ただ、1万5千円という金額は最低価格なので、完成の出来もごく普通の内容になります。

例えば、お気に入りの色を入れたり、希望の種類の花を使ってもらったりといった内容を良くしたいときは、少なくても2万円以上で発注する必要があります。

ファンの多い、胡蝶蘭が入ったフラワースタンド(花輪)は喜ばれる花として人気ですが、やはり3万円以上になります。
誕生日のプレゼントに胡蝶蘭入りのスタンド花を届けると、とても喜ばれます。インパクトのあるおすすめのお祝花です。

スタンドフラワーの立札

フラワースタンドには、送り主や受取人の名前が入った立札と言われるネームプレートが付きます。
用途によって表書きのような祝字も異なりますが、よくわからないときは「御祝」や「祝」とするのが無難です。
image.jpg

この立札は熨斗の役割なので、先方の名前や店名は入れないのが一般的ですが、開店祝い等の場合は先方の名前を入れるのがスタンダードです。
また、会社宛の場合も相手の名前を入れて「誰宛なのかわかるようにする」のも一般的になります。

スタンドフラワーの用途としては、店舗の開店祝いや周年祝いに送ることが多いギフトフラワーです。
コンサートなどにも利用されることが多く、豪華な花が会場に飾られているのを目にしたことがある人もいるかと思います。

前述しましたが、注文した花屋によって花の仕上がりは基本的に異なってきます。
見た目のデザインがスタイリッシュだったり、配色がとにかく派手だったりします。

依頼主の希望に近い花が作れるかは、利用するフラワーショップで決まると思います。

花の組合せや配色はセンスなので、花贈りで初めてオーダーする場合は、先ずは気に入った花屋を見つけることが満足度の高い花を届けるコツになるかと思います。

フィーリングに合った花を見つけるコツは、花屋のWEBサイトで商品画像をみて雰囲気を確認することが大切です。
お気に入りに入れて花屋を比較してから注文する方法がお勧めです。

ご予約はこちらのページから

スタンド花の魅力とは?

スタンド花のデザインには、さまざまな「動き」が存在します。花や葉物の動き、サイズや形の動き、色の濃淡での動きetc。 動きは、見えるものと見えないものがもあり、また感じ取り、聞くことのできるものです。

動きは展開し、痕跡を残します。動きは変化を引き起こします。「スタンド花に使用されている花材が持つ動き」に注目してみましょう。私たちフロリストの造形材料であるフラワーギフトも、さまざまな動きの特徴を持っています。

その動きから受けるイメージも異なります。デルフィニウムやグラジオラスは「上に向かって伸びる」動きを持ち、そこから受けるイメージはアクティブで生き生きとしたものです。

バラやカーネーションの動きの特徴は「上に伸びてから止まる」で、落ち着きがあり目に留まるイメージ。

ユリやアマリリスは「上に伸びてから展開する」動きを持ち、放射状に大きな空問を要します。

胡蝶蘭類やモンステラの葉などは「曲線を描く」動きを持ち、エレガント、しなやか、女性的なイメージがあります。

多くのグラス類やニューサイランなどは「あらゆる方向に広がる」動きを持つ材料。躍動的で成長するイメージが感じられます。 蔓性の植物が持つ「たわむれるような」動きは、踊るような、自由で軽い印象です。

アジサイの花やエケベリア、コケや石などは「動きのない・止まった」様子が動きの特徴であり、受動的で重い印象。 ウメの枝やリンゴの古木などは「ジグザグで角のある」動きで、こわばった重いイメージ。

アイビーやアスパラガス・プルモーサズナナス・などが持つ「下に落ちる」動きには、流れる印象があります。

このように変化に富んだ植物の動きを捉えて、求めるイメージに合った材料をスタンドフラワー使用することが必要です。


植物の動きは、スタンド花に生命力をもたらし、見る人に大きな感動を及ぼします。多種類の花を取り合わせて構成した場合、その材料の中の支配的な動き・最も日立つ動きが、スタンド全体の雰囲気を左右します。上に伸びる動きやラインを生かした作品は、それぞれの動きの流れが必要とする空間があってこそ成立します。 また、ジグザグで角のある動きのように重い印象のものもあれば、曲線を描く動きのように軽いイメージのものあります。

使用した花材の動きが活動的であればあるほど、スタンド花の魅力やメッセージが強く表現されます。
花や植物が本来持っている表現性に注目し、その特性にふさわしい扱いをすることで、スタンドフラワーの幅は広がります。
 

スタンド花に関する情報

お祝いやお供えに利用されるスタンド花は値段やマナーを確認してから手配するのがおすすめです。
会社で送る場合と個人で送る場合とでは相場が異なったり、地域によっては1対(2基)で手配することもあります。
風習やマナーはあまり知られていませんが、実績のある花屋を利用することではじめての注文でも適切な対応をしてくれます。
ネット上にスタンド花についての情報サイトがあるので参考にしてみるのも良いでしょう。

スタンドフラワー スタンド花 スタンドフラワー スタンドフラワー スタンドフラワー  

>> 芸能人も利用するスタンド専門店 <<